岐阜県インターンシップ推進協議会
インターンシップ2017
学生の皆様

学生の皆様

インターンシップとは

「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」として幅広くとらえられています。特に課題発見や探求能力、実行力といった「社会人基礎力」や「基礎的・汎用的能力」などの社会人として必要な能力を高めることにつながるものです。

登録されている情報について

このwebサイトに掲載されているのは、岐阜県内に本社や事業所がある企業・団体のうち、インターンシップの学生を募集している事業所です。
これらの事業所では、夏休みや春休みなどの休暇を利用して無理なく参加することができる、1~2週間程度のプログラムが多く提供されています。ぜひ参加して、社会人として「働く」ことについて考えを深めてください。

今は「就職しやすい」時期?

大学生等に対する求人倍率が高まっている昨今。
景気の回復や労働の担い手となる若手世代の減少といった理由により、「就職氷河期」などと呼ばれた時期よりも格段に「就職しやすい」時期になっています。

ですが、大切なのは「自分が納得できる先」に就職すること。
ただ求人倍率が高いことだけを見て安心するのではなく、たくさんある情報の中から、自分に必要な情報を探し、見つけ出すことが大切です。そんな力を磨く助けになるのがインターンシップです。

※一般の求人倍率については厚生労働省や岐阜労働局のwebサイト、
 大学生・大学院生の求人倍率についてはリクルートワークス研究所のwebサイトで見ることができます。

データで見る岐阜県

人口:約202万人(全国17位)※平成29年2月現在
面積:1万621.29km2(全国7位)
   ※森林率は全国で高知県に次いで2位、水力エネルギー量は全国1位
民営事業所数:約10万3,000事業所
従業員数:約88万3,000人
働いている人の割合を見ると、「製造業」(25.0%)が最多、続いて「卸売業・小売業」(20.0%)、「医療・福祉」(11.4%)となっています。
製造業の中でも、出荷額は「輸送用機械」、「一般機械」、「電気機械」、「金属製品」、「プラスチック製品」が上位となっています。

★岐阜県が全国シェアNo.1!
・包丁やナイフ、はさみ、理髪用刃物等
・「美濃焼」(和食器や洋食器、内装タイル等)
・木製机、テーブル、いす
・油圧シリンダ
・給排水用バルブコック(水栓バルブ発祥の地は山県市!)

(岐阜県のwebサイトに詳しく掲載されています)

県内にたくさんある事業所のうち、どれくらいの企業や団体を知っていますか?

岐阜県インターンシップ推進協議会
岐阜県岐阜市神田町2-2 商工会議所ビル3階
058-267-0930
058-267-0931

岐阜県インターンシップ推進協議会は、岐阜県と連携し「成長・雇用戦略」における重要プロジェクト「誰もが活躍できる場の創出」に取り組んでいます。
※「成長・雇用戦略」は、10年間の県の目指すべき将来像をあらわす「岐阜県長期構想」を平成25年度に見直し、策定されたものです。